タロットマスターRuRu

小説•タロットマスターRuRu

Chapter1.園絵琉々①


「お疲れ様でーす!」

夕刻、オフィスでは女子社員たちの華やかな挨拶が飛び交う。

「お疲れ様でした~!」

同じく挨拶を交わした園絵琉々(そのえるる)は、颯爽と更衣室へ向かう。

金曜日の仕事終わり、更衣室では女子社員達がウキウキと身支度を整えながら、この後の予定や週末の過ごし方について話が盛り上がっている。

「ねえ、琉々はどう?今日もダメ?」

今からグループで食事に行くので、その誘いのようだ。

「うん。今日も直帰です!」

琉々はキッパリと、それでいて嫌な気がしないよう、笑顔でそう返した。

「琉々ってば、いっつも週末NGだよね~!絶対彼氏いるじゃん!そんなに厳しいの?彼氏」

いつもの話しの流れである。残念ながら、琉々はこの手の女同士の会話に全く興味がない。早々に着替えを済ませて、更衣室を出ることにする。

「違うってば!愛するにゃんこが家で待ってるの。じゃ、また来週~」

軽くウインクして琉々は扉を閉めた。こうゆうことがサラッとできるのも、彼女のキャラクターならではである。

ドアの外まで聞こえる楽しそうな話し声を後に、カツカツとヒールの音を鳴らして歩き出した。比較的高いヒールを、琉々は好んで履いている。細い足首に着けているアンクレットは、唯一仲がいい同僚の三根奈都子(みねなつこ)からの誕生日プレゼントだ。

園絵琉々は際立った美人ではないが、オーラというか、個性というか、少し目立つ容姿をしている。

アースカラーやモノトーンのコーディネートが嫌いなせいか、いつも華やかな色のファッションだし、髪型は、バシッと一直線に切った前髪に、毛先に少しカールがかかったボブスタイル。色も、会社で決められているギリギリのカラーリングである。その髪は、いつも艶々に整えられていた。くりんとした猫のように大きな目には、控えめにアイメイクを施し、薄い上品な唇には艶のある口紅を塗っている。当然、ネイルはいつも綺麗に整えられている。

会社を出ると、夏の蒸し暑い空気が一気に身体を覆い、呼吸のリズムが崩れた。フリルの付いた襟元に、うっすらと汗が滲む。

「ふぅ」

呼吸を整えて、琉々は一歩を踏み出す。カツン、と、ヒールの音が街に響いた。

園絵琉々

【そのえるる】

表参道でOLとして働く一方、金曜日限定のタロットリーディング店を営業している

27歳 誕生日11/22・兵庫県出身

趣味:ネイルアート、家庭菜園

好きなもの:間接照明、木が風に吹かれる音、天ぷらとエビフライ

嫌いなもの:辛いもの、愛想笑い、アースカラー